1. トップ
  2. ヘア
  3. おでかけシーズン到来!太陽の下で映える艶のあるヘアカラー特集

おでかけシーズン到来!太陽の下で映える艶のあるヘアカラー特集

  • 2018.5.27
  • 29094 views

良く晴れた日は、お家でいるのがもったいない!なんだか外に遊びに出たくてうずうずしてしまいますよね。ヘアカラーは室内と屋外では色味が若干変わります。日光を浴びることでさらに色が艶めく、そんな明るくヘアカラーが夏にはおすすめ。今年流行りそうな艶カラーをまとめてみましたよ。

どの色をが似合うか、まずパーソナルカラーチェック!

カラーを選ぶ際、自分に合うかどうかもチョイスの大きなポイントです。
例えば、人は目の色や肌の色で二種類「イエローベース」か「ブルーベース」に分けることが出来ます。
そこからさらに「春・秋」か「夏・冬」の4種類に分けていくことが出来ます。

パーソナルカラーが分かれば自分の顔色にピッタリなカラーを選ぶことができて、とっても効率的!

●眼球が黄色がかったブラウン→黄緑やゴールドをベースにしたブラウンがお似合い
●眼球が深いダークブラウン→チョコレートのように落ち着きのあるブラウンがお似合い
●眼球が赤みがかったピンクブラウン→ピンクやローズをベースにしたブラウンやアッシュがお似合い
●眼球が黒味が強いブラウン→深みのあるラベンダーやパープルをベースにしたブラウンやグレーアッシュがお似合い

艶のあるヘアカラーってどんな?

「パサついていない髪」「乾燥していない髪」「ダメージの少ないまとまった髪」は艶があるようにみえます。つまりしっかりダメージを補修し、良くケアされた髪は艶がある様に見えます。
ではその状態をヘアカラーで演出するにはどうすればいいの?
ポイントは「寒色系」をベースとした落ち着いたカラーを選ぶことです。
寒色系の色は髪に重みをもたせ、透明感があるように見せてくれます。肌をキレイに魅せる効果があるのも見逃せません!

●少し暗めの色をチョイス
●落ち着いたカラーをチョイス
●黄色や赤みの強い色はダメージヘアに見えるので避ける
●ベースは紫や青をチョイス
●どうしても明るい色が良い場合は、黄色ベースではなく寒色系ベースのアッシュ系を選ぶ

艶カラーはこう選ぶ!ヘアカラー特集

ここからはさっそく夏に試したい艶カラーを見ていきましょう。

ラベンダーアッシュ

光りの加減で美しい紫に見えるアッシュ系カラー。
日本人にありがちな赤みのある髪を上手に打ち消して艶感ばっちり。

ブルーバイオレット

寒色系の色を髪に足すことで、潤った印象に。
室内ではあまり目立ちませんが、屋外ではバイオレットカラーが見て取れるので、可愛いらしさもしっかり演出できます♡

ブルーアッシュ

日本人の地毛とはまた違う、重すぎず透明感を併せ持つブルーアッシュカラー。
顔のツヤ色まで美しく見せてくれる魅力的なヘアカラーです。

グレイッシュ

グレーとアッシュを組み合わせた、究極の抜け感が綺麗めカラーが「グレイッシュ」。
クールな女性にぴったりなカラーです。

ダークチェリーブラウン

ダークレットをベースにした、チョコレートブラウン。
深くて濃い色味を合わせると、暖色系のカラーでも艶感をキープしつつ落ち着いた雰囲気になります。
暖色系は女性らしい優しい印象になるので、フェミニンな感じが好きな人にぴったりです。

パープルブラウン

パープル系をベースにしたブラウンは、目が黒く色白な日本女性に良く似合う色です。
日本人独特の赤みがかった色を打ち消し、健康的で潤いのある髪にみせてくれます。

日本人によくある赤っぽい髪、また紫外線やアイロンの熱で痛んだ乾燥髪は髪の表面から艶が消え、不健康に見えてしまいます。そこで艶を取り戻すポイントが「暗めの暖色カラー」か「寒色カラー」をベースにすること。
赤みを消すことで、ヘルシーで透明感のある潤いある髪に仕上がります。
外に出る機会が多いこの時期だからこそ、太陽を浴びても美しいヘアカラーを選びましょう!

元記事で読む