1. トップ
  2. グルメ
  3. 自転車とバームクーヘン!? +αが楽しい郊外カフェ①【関西のイケスポ】

自転車とバームクーヘン!? +αが楽しい郊外カフェ①【関西のイケスポ】

  • 2018.5.25
  • 299 views

ランチかお茶をしながら、おしゃべりするだけがカフェじゃない!そんな「+α」の楽しみ方ができるカフェがここ最近、じわじわときているんです!ユニークなコンセプトのあるお店をご紹介。

自転車のまま入ってコーヒーが飲めるんです

スロープを自転車と共に登ると2Fにも座席が
大阪の北河内、八尾市にある「フランシー ジェファーズ カフェ」は、自転車のまま店内に入れるカフェ。「バームクーヘンと自転車」がコンセプトの倉庫を改装したカフェです。

店内の工房では毎日バームクーヘンを手作り
こちら、ロードバイクユーザーに人気のスポット「十三峠」のふもとにあり、実際に自転車で訪れるお客さまが多数。2Fには、専用の自転車スタンドがある座席もあり、愛車を眺めながらコーヒーが飲めるんです。(マニアック?)

母体が服飾雑貨の会社で、実際に倉庫だった1Fをカフェに

1Fで注文するセルフスタイル。2Fまで吹き抜けでとにかく広い!

スタンド付きの座席はこんな感じ。愛車とカフェ、インスタにあげたくなりますよね〜

上質なスペシャルティコーヒーをハンドドリップで淹れてくれます

FJバウムミニは、バリエーションも豊富でお土産にもぴったり
一方、バームクーヘンはすべて店内で手作り。ヘルシーなアーモンドミルクをたっぷりと練り込み、18層に焼き重ねて作られたしっとりやわらかい「ソフトバーム」と、北海道産発酵バターを練り込み、外はサクサク・中はモッチリに仕上げた「スプロケバウム」の2種類。「スプロケバウム」は、自転車の後輪にある変速機「スプロケット」がモチーフだそう。

FJバウムパフェは¥1200
FJバウムパフェは、クリームチーズが輪の中に入ったFJミニバウムがまるまる1個乗っていてボリューム満点!

他にもランチプレートやサンドイッチ、自家製のローストビーフ丼などフード類も充実なので、自転車でなくとも使えるカフェです。

また、5月22日には芦屋にもお店がオープンしたばかり。こちらは阪神芦屋駅から近いので電車でも便利です。

【FRANCY JEFFERS CAFE(フランシー ジェファーズ カフェ)】
住所:大阪府八尾市水越1の149
☎072(927)9067
営業時間:10:00~19:00(日祝9:00~)
定休日:火曜日

取材/天見真里子 写真/佐藤純子

オリジナルサイトで読む