1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 「浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展を京都・相国寺承天閣美術館で開催、江戸初期から幕末まで

「浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展を京都・相国寺承天閣美術館で開催、江戸初期から幕末まで

  • 2018.5.25
  • 2027 views

「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展が、2018年7月3日(火)より、京都・相国寺承天閣美術館で開催される。

日本美術を愛する収集家、リー・ダークスの浮世絵コレクションを初公開

今回、その多大な所蔵作品を公開するリー・ダークスは、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心を持って以来、浮世絵版画の名品を収集してきた米国人コレクター。

浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など、代表的な浮世絵師の優品のみを集めたコレクションの数々を紹介する。

華麗な色調を残した貴重な作品群

浮世絵200年の歴史を網羅した稀品、著名作品で構成されているダークスコレクションは、浮世絵の歴史を語る上での重要性を持つだけにとどまらず、その大半が極めて良好な保存状態にあり、まるで今摺り上がってきたかのような華麗な色調を残しているのが特徴だ。

200年の歴史と共に鑑賞する、浮世絵の真の芸術性

展覧会は全六章で構成。菱川師宣や鳥居清信・清倍など、江戸独自の浮世絵文化を形成した浮世絵師に迫る第一章からはじまり、美人画・役者絵の国貞、武者絵・戯画の国芳、名所絵の広重と、幕末・天保期の浮世絵界を牽引した歌川派の絵師たちの作品を紹介する第六章まで、浮世絵の歴史を辿りながら、その真の芸術性を鑑賞出来るものとなる。

浮世絵をモチーフにしたオリジナルグッズも

また、会場では浮世絵をモチーフにした展覧会オリジナルグッズも販売。本展における代表的な浮世絵を、光を吸収・蓄える特殊な素材でプリントした蓄光Tシャツ、ポップな色調と浮世絵を組み合わせたメガネケースなど、様々なグッズが用意されている。

開催概要

「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝―江戸の名品勢ぞろい―」展
会場:相国寺承天閣美術館
開催期間:
<前期>2018年7月3日(火)〜8月5日(日)
<後期>2018年8月8日(水)〜9月30日(日)
休館日:8月6日(月)、8月7日(火)
開催時間:10:00〜17:00(最終入館は16:30)
※前期、後期で全点展示替えを行う。
チケット:一般 1,000円(800円)、65歳以上・大学生 800円(600円)、小中高生 500円(300円)、団体 800円(20名以上・一般のみ)
※( )内は前売料金
※リピーター割引あり(会期中2回目以降の鑑賞は、半券と引換にて100円割引
※前売券は5月28日(月)から7月2日(月)までの限定販売。チケットぴあ(Pコード:769-039)、ローソンチケット(Lコード:52637)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売

■巡回展
・山口県立萩美術館・浦上記念館
会期:<前期>2018年4月28日(土)〜5月13日(日)<後期>5月15日(火)〜 5月27日(日)
住所:山口県萩市平安古町萩市平安古586-1
・横浜髙島屋
会期:2018年10月10日(水)~10月22日(月)
住所:神奈川県横浜市西区南幸1-6-31
・日本橋髙島屋
会期:2019年1月9日(水)~1月21日(月)
住所:東京都中央区日本橋2-4-1
・大阪髙島屋
会期:2019年2月23日(土)~3月11日(月)
住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-5

元記事を読む