1. トップ
  2. レシピ
  3. ごはん好きがイチオシ!体にいい&ダイエット中に選んでいる「ごはん・雑穀」6選

ごはん好きがイチオシ!体にいい&ダイエット中に選んでいる「ごはん・雑穀」6選

  • 2018.5.25
  • 12790 views

読者1000人が選ぶ「使ってよかった」アイテムTOP3

ごはん・穀物部門の中で、実際にFYTTE読者が「使ってよかった!」と感じているアイテムの上位3位をご紹介!!

【1位】味の素KKおかゆシリーズ(味の素)

「ごはん・穀物部門」使ってよかった第1位に輝いたアイテムは、「味の素KKおかゆシリーズ」。
「味の素KKおかゆ」のお米は、国産のコシヒカリを使用しています。
また、全商品に南アルプスを源とする清水を使用。その清水から品質劣化の原因となる酸素を除去し、おかゆを作っています。

さらに、おかゆを最もおいしく炊き上げるとされる「土鍋炊き」に学んだ製法で炊き上げています。

おかゆのカロリーは普通のご飯約半分と低く、さらに水分をたくさん含んでいるので少ない量で満腹感を得ることができます。さらに、「味の素KKおかゆ」シリーズのラインナップは全7種類と豊富なので、種類を変えれば飽きずに食べ続けられます。

また、新商品「味の素KKスーパー大麦がゆ」に含まれるスーパー大麦「バーリーマックス」は、腸の奥まで届く3つの食物繊維を含んでおり、食べることで一般の大麦の約2倍の量の総食物繊維を摂取することができるすぐれものです。

さまざまな場面に合わせて食べることもできるすぐれものの「味の素KKおかゆシリーズ」に、FYTTE読者からも「味の素のおかゆは、ちょうどよい味つけで体調不良のとき、ダイエットに役立たせてもらっています。(プマさん)」や「玉子がゆや梅がゆなど、種類も豊富で味もおいしいのでストックは家に常に置き、楽しみにして食べています。(Mさん)」と自分に合った食べ方で楽しく食べているという感想も。

味の素KKおかゆシリーズ シリーズ全7種類 250g 85kcal~110kcal
オープン価格

続いて気になる2位、3位のアイテムもご紹介!

【2位】サトウのごはん発芽玄米ごはん(サトウ食品)

生活習慣病に効果があるといわれるギャバをはじめとした栄養素たっぷりの発芽玄米入りごはん。国内産の発芽玄米を30%配合し、食べやすいおいしさも魅力。
150g 227kcal ¥180

【3位】おいしさ味わう十六穀ごはん(はくばく)

香りや食感の個性、調和する味わいをひとつひとつ確かめながら選んだ十六種類の穀物。白米に混ぜて炊くだけで、栄養が詰まったごはんに。
180g(30g×6袋) 114kcal(1袋当たり)¥450

つづいて、読者が「これから使ってみたい!」「気になるので食べてみたい!」と思って選ばれた商品をご紹介します!

 

 

読者1000人が選ぶ「使ってみたい」アイテムTOP3

さらに、ここでは読者が今注目している、新たなごはん・穀物部門の商品をご紹介!

【1位】食べるエステ美穀小町うっとりブレンド(エミッシュ)

FYTTE読者から、見事使ってみたいアイテム第1位に選ばれたのは「食べるエステ美穀小町うっとりブレンド」。

人気のスーパーフード「えごま」入りで、α-リノレン酸をとることのできる雑穀です。香ばしい香りと、プチプチとした食感が楽しめます。美容と健康をキープしたい女性にうれしいブレンドです。

うっとりブレンドは、煎り大豆が含まれ、たんぱく質やイソフラボンもとれて女性に不足しがちな栄養素をサポートします。とても香ばしくいつものごはんがワンランクアップ!

また、雑穀には、糖質の代謝をスムーズにするビタミンB群や血糖値の上昇をゆるやかにする食物繊維が含まれています。食感がアップするので、しっかりかむことにより満腹中枢を刺激し、食べすぎ防止にも。さらに、お腹の中でもふくれるので、間食防止にもつながります。

100g ¥700、200g ¥1,200、1㎏ ¥5,000 398kcal(100g当たり)

【2位】かぞく守る雑穀(はくばく)

9種類の雑穀をバランスよく配合することで栄養バランスの偏りを解消。さらに、シールド乳酸菌®M-1を配合し、お子さまから、仕事や家事を休めないママ・パパ家族みんなの健康をサポート。
150g(25g×6袋) 88kcal(1袋当たり) \370

【3位】発芽米 めざめの朝がゆ(ファンケル)

GABAやビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富な発芽米を使用。かつおだしの旨みを感じられる味わい深いだしがゆです。
250g 90kcal 1箱(250g×3袋)¥639

食事のときには、絶対お米を食べたい!という人の中にもカロリーが気になって食べられない人もいるのでは。そんな人は、今回ご紹介した商品の中から自分に合ったものを選び、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

文/FYTTE編集部

オリジナルサイトで読む