寒い時には塩分が必要! 病気にかかりにくくしてくれる大切な塩分

塩分の取りすぎが生活習慣病の原因とされているため、減塩をするよう呼びかける事が多くなりましたよね。減塩された調味料も多く、高血圧の人たちにとっては非常に助かる事かと思います。しかし、健康な体の人にとって減塩のしすぎは、思わぬ落とし穴が隠されているかもしれません。

なぜ減塩と言われ始めたのか?

すでに生活習慣病になってしまった患者さんや、その予備軍の人たちにとって、減塩は必要になるかもしれません。しかし、日常的に支障がない人たちにとっても減塩するよう呼びかけられている理由には、東北や北海道の地域の人たちの食生活から来ているようです。塩分が多い食事をしている東北や北海道の地域の人たちは、平均して脳梗塞や高血圧の人が多く、平均寿命も2年から3年短いと言われています。塩分の元でもある食塩は、塩素とナトリウムから形成された添加物です。その食塩を取りすぎると血液中にナトリウムが増え、水分を多く含む原因になります。その血液が心臓に運び込まれると心臓の負担となり血圧が上昇する原因になったり、脳卒中の原因になると言われています。そのため、食塩を体内に取り入れすぎないように減塩することが健康に良いという傾向になっているんですね。

塩分の効果は重要

実際に東北や北海道の地域で塩分を多めに摂取しているのには理由があります。わざわざ生活習慣病になるために塩分を摂取しているわけではないんですよ。北の方の地域はとても気温が低く寒い地域ですよね。塩分は体を温める作用があり、塩分を摂取することで冬の寒さをしのいできました。また、寒い地域のため野菜不足になるので、塩分などを使って野菜の保存をし、冬でも栄養が取れるように工夫されています。

そのため、他の地域よりも塩分摂取量が多くなりますが、体を温めてくれるため逆に健康に良かったと言われています。また平均寿命などを見ても、他と比べて2年から3年程度なため、逆に脳梗塞や血栓など寒さから発症する病気が原因で平均寿命が少し短いとの説もあります。

塩分を節制して冷えが来る

塩分を節制すれば、もちろん高血圧には効果がある事は確かですが、高血圧などの症状が減っても脳梗塞や血栓などの病気は増える可能性もあるということです。体温を保持し温めてくれる塩分は、あまり減塩しすぎると体の冷えをもたらしてしまいます。特に年齢が上がるほどに体も冷えやすくなりますが、あまりにも脂質の多い食事や塩分の多い食事をしていない限り、減塩をするのはかえって体を冷やしてしまう行為になってしまいます。

また、むくみの原因と言われている塩分ですが、体内に水分を保持する機能としては、ミネラルやビタミンを体内にキープする役目も担っています。必要な栄養分が体内にあることで、病気にも対抗できる健康的な身体を作ることができるので、塩分は非常に重要な存在です。あまり減塩に気を使いすぎて、逆に糖分の多い食事、脂質の多い食事、野菜ばかりで体を冷やすような食事など偏らないようにする事も大切ですよ。

参考:

・『「体を温める」と病気は必ず治る』石原結實著/株式会社三笠書房刊(http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E4%BD%93%E3%82%92%E6%B8%A9%E3%82%81%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%AF%E5%BF%85%E3%81%9A%E6%B2%BB%E3%82%8B%E2%80%95%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%95%E3%81%84%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E6%9C%80%E5%96%84%E3%81%AE%E5%86%85%E8%87%93%E5%BC%B7%E5%8C%96%E6%B3%95-%E7%9F%B3%E5%8E%9F-%E7%B5%90%E5%AF%A6/dp/4837920179)

・塩のはなし(上) 減塩は正しくない(http://www.ps-corp.co.jp/column/health/n012.html)/株式会社ピーエス

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理