1. トップ
  2. レシピ
  3. 1皿1万円の高級素麺「スイスホテル南海大阪」で、0.3mmの日本一細い素麺を黒鮑や鱧ちりとともに

1皿1万円の高級素麺「スイスホテル南海大阪」で、0.3mmの日本一細い素麺を黒鮑や鱧ちりとともに

  • 2018.5.18
  • 1463 views

「スイスホテル南海大阪」の日本料理「花暦」では、1皿1万円の高級素麺を2018年7月1日(日)から8月31日(金)まで提供する。

夏の風物詩、素麺。「スイスホテル南海大阪」が提供するのは、奈良の老舗素麺専門店「三輪山本」の「白髪」。日本一細い素麺と言われるその細さはわずか0.3mm。するりとのど越しがよく、まさに夏にぴったりの清涼感溢れる夏グルメだ。2017年販売時には1セット1万円という価格にも関わらず、予想を上回る反響を得た。

その人気に応え、2018年、再販へと至った。今回も素麺には同じく、奈良の老舗素麺専門店「三輪山本」の「白髪」を使用している。セットメニューには、黒鮑、瀬戸内産鱧ちりなどの、高級食材を厳選したメニューを用意した。この高級素麺は、冬子椎茸のめんつゆ、梅、胡麻3種の麺路が添えられているので、自分好みの食べ方で是非。

【詳細】
夏陰 素麺
販売期間:2018年7月1日(日)~8月31日(金)
場所:スイスホテル南海大阪 10階 日本料理「花暦」
住所:大阪市中央区難波5-1-60
予約・問い合わせ:06-6646-5127(直通)
料金10,000円+税・サービス料

元記事で読む