1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋人から夫になったら不満が爆発!? 夫婦が探し当てた解決法とは【『まりげのケセラセラ日記 』】 Vol.11

恋人から夫になったら不満が爆発!? 夫婦が探し当てた解決法とは【『まりげのケセラセラ日記 』】 Vol.11

  • 2018.5.18
  • 29498 views

こんにちは、まりげです。

ダンナと出会ってからこれまでいくつかの変化がありました。


恋人同士から夫婦になり、子どもが一人だったのが、二人になり…そして現在は第三子を妊娠中です。

そういった家族の形態が変化するタイミングでダンナに一言物申したくなります。


それはなぜか考えてみました。


「 恋人としては許せるけど、結婚して暮らしていくならばここは直してほしいな… 」

「 妊娠中でこっちの身体の負担は増えていっているのになんでダンナはいつも通りなんだろう… 」

「 子どもが一人だからまだなんとかなっているけどこれ以上子どもが増えたらもっと育児に協力してもらわないとパンクしちゃうな…」

関係性の変化と共にハードルが上がっていきます。

そこでうまれてくる不安が心の中でムクムクと大きな不満に変わり、爆発するのだと思います。

では、どうしたらいいのか。

わが家の場合キーワードは【 役割分担 】でした。

結婚して2年目くらいのときストレスが限界に達して感情のままに怒りをぶつけました。

それ自体がストレス発散にはなるのですが根本的なことが解決していないのでまた同じように喧嘩が起こります。

そんなある日、感情的に怒り狂うわたしを前にダンナがエクセルで表を作りはじめました。



家事、育児、その他の仕事を書き出し、それを役割分担していきます。

探したらそのときの表がありました。


青・水色=ダンナ自由時間 赤=まりげ自由時間 黄緑・黄色=子どもと遊ぶ時間

この頃は子どもが2歳と0歳で保育園などには通っておらずわたしは専業主婦、ダンナは会社を退職して在宅で起業と移住のための準備をしている頃でした。

最初にこの表を見たときは
「 家庭は会社じゃないんだから…」思いました。

ですが話し合いながら改めて役割分担をしてみると
ダンナが「 これは僕がやるよ 」と一人で背負いこんでいた役割を分担してくれたことで、
不公平だ!と感じることがなくなりました。

さらに明確に役割を決めることで
「 皿洗いやってくれないかなぁ」とか
「ゴミ出し早く行ってよ」というようなイライラも
" これは相手の役割だからまかせよう"と思えるようになり、
お互い自分のペースで予定を組めることで
「今やろうと思ってたのに!口出ししないでよ」
というようなイライラが減りました。


自分達にあった解決方法を見つけるまでは…


よその家庭の話を耳にして自分たちと比べては不満をつのらせていましたが、そんなときに唱える言葉は…


​​​

役割分担のバランスを取りながらおだやかにに暮らしていければいいなぁと思います。
(まりげ)

オリジナルサイトで読む