2017.10.25

ざわちんが語る、マスクを外すのが怖かった私のTrue & Realな本音。#私のTRILL

いま輝いている人の、自分らしさやTrue & Realな本音に迫る連載企画「#私のTRILL」。TRILLが、総勢16名の著名人にインタビューを決行。ここだけのトークに、自分をもっと好きになるヒントが見つかるかもしれません。

第2回目は、ざわちんさんが登場。

芸能人のものまねメイクで一躍有名になり、最近ではトレードマークだったマスクを外し、バラエティ番組でも活躍されていますが、常にネットでも注目される存在として、その決断の裏には迷いもあったのでは?と尋ねると、そこには彼女の決意と、これからを見つめる意志がありました。

― ものまねメイクで一躍、時代の人となったざわちんさんですが、芸能界はずっと目指していたんですか?

実は昔、フィリピンと日本のハーフだということでいじめられていたんです。そのときから芸能界に入ってやろうと思っていて。

― マスクをしたきっかけは?

もともとはインパクトを残したかったんです。テレビでマスクをしている人はいないと思うので。

― 芸能界でものまねメイクという新分野を確立し話題になる一方で、辛いと感じたことはありました?

やっぱり徐々にみんなの期待が上がってきていて、その期待に応えられるのかっていう不安はありますね。ものまねメイクって、もともとは趣味でやっていたものなんです。それが仕事に変わったときに、自分の中でストレスに生まれ変わっちゃって、それが嫌になったりとかはすごくありましたね。

― そんなとき、どうやって解決していくのですか?

嫌になったり、ダメージを受けたときこそ、逆に立ち向かいたいタイプなので、さらにいいクオリティのものを出そうとがんばります。でもマスクを外すかどうかというときは、「マスク外したら残念だな」って、実際にそれをネットで書かれる怖さもあってなかなか外せなかったですね。

― それでもマスクを外した理由は何だったのでしょうか?

ものまねメイクをしている間はしっかりマスクをして、してないときは、マスクをしていない素のざわちんでいようと思ったんです。「人間、まぁ正直顔じゃない」っていう部分があるので。今は自分らしさを出すようにしています。

* * * * * *

{{alt}}

ざわちん
“芸能人のものまねメイク”というメイクの新分野を確立。レパートリーは230人を突破し、新作を発表するたびに多くのWEBメディアに取り上げられ、大きな話題となる。その対象は年齢・性別・国籍さえも超える。2017年4月、世界配信しているメイクアップアプリ『MakeupPlus』の日本のアンバサダーに就任。韓国のPONYさんやタイの PearyPieさんなど海外トップメイクアップアーティストに続いて世界で5人目、 初・日本代表のメイクアップアーティストとしての快挙を果たした。

関連する他の記事