2017.09.20

#私のTRILL 08.宮城舞―好きなことを自信に変えて。それが私の自分らしさ。

いま輝いている人の、自分らしさやTrue & Realな本音に迫るスペシャル企画「#私のTRILL」。

第8回目は、今年はじめ、4年間つとめた『ViVi』専属モデルを卒業し、現在は『CLASSY.』などさまざまな雑誌を中心に活躍されているモデル・宮城舞さんが登場。

被写体としてだけでなく、私服やスタイリングに多くの女性から人気を集める宮城さんですが、常にトレンドを発信する側として、プレッシャーはなかった?と尋ねると、意外にもご自身が経験した“病み期”とその克服法について話してくれました。

世間に認められていない気がした。

『JELLY』や『ViVi』の専属モデルを歴任し、常に注目されつづけてきた宮城さんですが、あるとき、自分でもなぜか分からないほどネガティブなことしか考えられない“病み期”があったと言います。

「自分でも自分がこんなにプレッシャーに弱いなんて。」「世間に認められてない気がして。」

そんな彼女が変わるきっかけは周りのスタッフからの言葉と大きな挑戦でした。それがあったからこそ、今、自分らしくストイックに仕事に向き合うことができると言います。彼女が自分らしさを取り戻したきっかけとは?

このインタビューのつづきは、TRILLアプリで限定公開中!!是非スマホでチェックしてくださいね!
アプリで動画を見る

宮城舞さんプロフィール

{{alt}}

1988年生まれ。「JELLY」「ViVi」などの専属モデルを歴任し、現在は「CLASSY.」レギュラーモデル。私服特集やスタイリング特集を多数企画されるなど同世代の女性にとって憧れのアイコンとして人気を集める。また日本テレビ「ヒルナンデス!」やフジテレビ「さまぁ~ずの神ギ問」等TV出演から舞台公演までマルチに活躍している。

#私のTRILL とは?

{{alt}}

自分の個性を受け入れて、自分らしく生きる人って素敵だなと思ったことはありませんか?だけど、自分らしく生きるって何だかむずかしいですよね。ときに「私はこれでいいのだろうか」と自信をなくしたり、不安になったり。迷い、もがいている人は少なくないかもしれません。

たくさんの人がいるように、自分らしさやその見つけ方も決してひとつではないから。今さまざまな世界で輝いている著名人の方々も、私たちと同じように悩んだからこそ、その先に自分らしさを見つけられたはず。

TRILLは、そんな方々のTrue & Realを探しにインタビューを決行。そのスペシャルムービーをTRILLアプリにて限定公開しています。9月14日から28日までの毎日、さまざまな方が登場するので、 TRILLアプリのトップ画面から「#私のTRILL」記事一覧をチェックしてくださいね。また、スペシャルサイトでは、登場する方々のラインナップを公開しているので合わせてチェックしてみてください。

このインタビューのつづきは、TRILLアプリで限定公開中!!是非スマホでチェックしてくださいね!
スペシャルサイトを見てみる

関連する他の記事