2016.01.26

今注目の『りんごのお酒“シードル”』!美容効果もあるシードルのおすすめ5選

りんごのお酒、シードルをご存知でしょうか? 
女性人気はもちろん、男性からの支持も多く、酒類業界全体が注目しているお酒です。

人気の秘密は、飲みやすさ。
りんごのほどよい酸味と甘さが味わえ、後に残る香りも爽やか。
市販のものは種類が限られていますが、扱っているお店に行くと数も豊富。
飲み比べてみると、ベースはどれもりんごなのにそれぞれまったく味が違うので、きっと好みも分かれるところでしょう。

シードルをメインに扱う神田のバー『Eclipse first』のマスター、藤井達郎さんにお話を伺い、代表的なシードルを5種紹介していただきました。

Eclipse first』のマスター、藤井達郎さん

生ビールならぬ“生シードル”のサーバーからシードルを注ぐ藤井さん。イケメンですね!

代表的なおすすめシードル5種はこちら!

ヴェルジェ・デ・ラ・カフェニエール

「シードルを飲むのが初めてだったり、慣れていなかったりする方にお勧めしているのがこれです。
醸造の段階で発生する『還元香』と言われる独特の香りがほとんどありません。
りんご本来の爽やかな香りと甘酸っぱさが楽しめます。食前酒として飲んだり、ガレットなどもよく合いますね」

ヴェルジェ・デ・ラ・カフェニエール3種

ヴェルジェ・デ・ラ・カフェニエールは甘口、中辛、辛口と3種展開。
左からドライ(辛口)、デミ・セック・ブーシュ(中辛口)、スゥイート(甘口)

シリル・ザンク

「甘みが少なく、酸味があってやや辛口。
果実がギュッと詰まったような味わいで、口当たりがスッキリしていてキレがあります。
独特の香りが漂うので、上級者向けと言えるかもしれません。大抵の料理に合いますが、特にクセのあるチーズなどとよく合います。常温でも美味しくいただけます」

シリル・ザンク

スパークリングワインに近いですが、独特の香りがあって、好きな人は病みつきに!

ワンス・アポン・ナ・ツリー

「イギリス産のシードルです。
イギリスというとサイダーが主流で、ビール感覚で飲むことが多いのですが、これはフランス産のような丁寧な作りを感じさせます。
でもフランス産のものよりもクリーミーなのが特徴です。
りんごの甘みと渋みのバランスが絶妙。
チーズや揚げ物などと合うのではないでしょうか」

ワンス・アポン・ナ・ツリー 

ミルキーな香りが口の中に残り、少し不思議な味わい。高級感を感じます。

ラシャス

「りんごの果実感が強く、甘みのなかにほどよい酸味を感じるフレッシュな味わいです。
ラベルも可愛らしいので、女性に人気ですね。

“美しく酔うためのお酒”とも言われているくらいなので、アルコール度数も3%と低めになっています。
ガレットなどの軽めの食べ物、またはチーズケーキやタルトなどのデザートが合うと思います。
意外な組み合わせかもしれませんが、沢庵や奈良漬けなどとも好相性ですよ」

ラシャス

お手頃価格で、Amazonなどでも手に入るそうです。

一里山農園シードル

「口にふくむとりんごのふんわりした優しい香りが広がります。雑味がなく、スッキリしてとても飲みやすいです。
ここまでりんご感が出るシードルは珍しく、しっかりした製法で作られていると言えますね。
アルコール度数は8%とちょっと高め。
水炊きやしゃぶしゃぶなどとよく合うので、今の時期にピッタリじゃないでしょうか」

一里山農園シードル

美容効果も高いシードル

シードルはポリフェノールを多く含んでいるので、アンチエイジング効果が高いお酒です。
美白や美肌を目指す女性にはピッタリ。
色合いも綺麗なので、カウンターでグラスを傾けている姿はとっても様になる。
大人の魅力もバッチリ発揮できそうです。

おススメシードル5本

左から
ヴェルジェ・デ・ラ・カフェニエール
シリル・ザンク
ワンス・アポン・ナ・ツリー
ラシャス
一里山農園シードル

たくさんのシードルたち

【取材協力】
藤井達郎
日本シードルマスター協会認定 地シードルアンバサダー。
スコッチ文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル。
2006年にウイスキー修行のためスコットランドへ。
2014年のウイスキーフェスティバルで開催されたブラインドコンテストで3代目チャンピオンに。
2015年に神田に『Eclipse first』をオープン。
ウイスキーとシードルを専門に扱っている。

Eclipse first

料理研究家。雑誌やテレビ、書籍等で活躍中。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』、『おにぎらずの本』(泰文堂)、『スティックオープンサンドの本』(講談社)。

関連する他の記事