2017.04.20 PR | 提供 : ダイソン

髪のプロも満足のドライヤーで、 2WAYスタイリング!

見た目の印象を左右する「髪」。艶やかで潤いのある美しい髪は女性の憧れですよね。ところが、ボリュームやクセ、パサつきなど自分の髪質に悩みを持っている人って実は多いんです。

そんな髪質にコンプレックスをかかえている人に紹介したいアイテムが、「ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」。

{{alt}}

髪のスペシャリストたちも使っているこのドライヤーは画期的な機能を備えているので、ブロー後の仕上がりを変えてくれます。

一概に髪の悩みといっても、生まれ持った特徴や年齢を重ねるとともに変化する髪質など、タイプはさまざま。そこで、「ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」を仕事で使用し、年齢問わず多くの女性にスタイリングを提案しているヘア&メークアップ アーティスト 飛川貴俊さんに、髪質に合わせた使用方法を教えてもらいました。

さらにこれ1本で、ON/OFFのヘアアレンジが簡単にできるスタイリング術も伝授!「母の日」企画として、TRILL読者のお母さん世代にも役立つ“きれいスタイル”の作り方も紹介します。

{{alt}}

今回使用したアイテムはこちら!

{{alt}}

モデル・野村日香理さんの2WAYヘアスタイリング

今回は、ロングヘアで髪のクセや広がりに悩んでいるモデルの野村さんに、「ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」を使ったブローに挑戦してもらいました。ブロー後には、付属のアタッチメントだけでできるON/OFFの簡単スタイリングにもトライ!

通常のブロー

{{alt}}

Step 1:ぬれた状態で髪の根元からしっかり乾かす

{{alt}}

髪がぬれた状態で髪の根元と地肌を乾かします。根元からしっかり乾かすことで、髪のうねりやクセが出にくくなるので大事なポイント。頭皮ケアにもつながります。

Step 2:クセを伸ばすように、上からブロー

{{alt}}

髪が乾きはじめたら上から風を送り、ボリュームを抑えます。手ぐしで髪をやや引っ張るイメージでブロー。風を下から入れると、髪が暴れてまとまりにくくなるので注意しましょう。

{{alt}}

手ぐしで簡単! クセのある髪も艶やかなストレートにまとまります。

ブロー後にONスタイルへ

Plus One!:毛先に自然な内巻きカールをつける

{{alt}}

風を的確に集中して送ることができる「ダイソン スタイリングコンセントレーター」を装着。ロールブラシで内巻きにした毛先に風を当てます。最後に軽く冷風を当てるとキープ力がアップ。

通常のONスタイリング完成

{{alt}}

コテがなくても、自然なふんわり内巻きスタイルが完成!

ブロー後にOFFスタイルへ

Plus One!:クセを活かしてニュアンスを出す

{{alt}}

風を分散させてやさしく乾かすことができる「ダイソン ディフューザー」を装着。毛先を手で持ち上げ、揉むようにしながら、空気を入れます。パーマのカールをしっかり出したいときにも便利です。

通常のOFFスタイリング完成

{{alt}}

クセ毛を活かした外国人風のニュアンススタイルが完成!

モデル・野村さんの感想は?

「もともとクセが出て広がりやすい髪質なのですが、このドライヤーを使うとブロー後のまとまりに大満足!

毛先のパサつきも気にならないし、簡単に艶髪が仕上がります。地肌に当たる風も風量はしっかりあるのに心地よくて、いつもの半分くらいの時間で髪が乾いたので驚きです。
それから、スタイリッシュなボディも魅力。ピンクはやっぱり可愛いですね」

髪のプロも使っている「ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」

ダイソンのドライヤーは、高速回転する独自のデジタルモーターを搭載。吸い込んだ空気を増幅させたパワフルな風によって、“速乾”を実現しています。

そして温度センサーで一定の温度に保つ機能を備えた、髪のプロも納得の実力派。ドライヤーを髪に近づけてスタイリングしても、風温が一定に保たれるので過度な熱によるダメージを防げます。ブロー後の仕上がりの満足度も格別です。

「母の日」ギフトにも! 母娘2世代で美髪習慣

ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」の最大の魅力は、さまざまなタイプの髪質の人に対応できること。

飛川さん「髪質は、人によって異なります。野村さんの場合は、全体が広がらないようにボリュームを抑えてまとまりのあるスタイリングにしましたが、髪にボリュームを出したい人のスタイリングにも効果的なんです。これ1本あれば、いろんなアレンジを楽しめます!」

飛川さんによれば、毎日手軽に“きれいスタイル”が作れるこのドライヤーは、「母の日」ギフトにもおすすめとのことで、お母さん世代に適したブローのコツと簡単スタイリングも紹介。

通常のブロー

{{alt}}

Step 1:髪がぬれた状態で髪の根元と地肌をしっかり乾かします。

Step 2:髪を左右に撫で付けるようにクセを伸ばします。手ぐしでやや引っ張り気味に行うのがポイント。

Step 3:ドライヤーの風を後ろから前向きに当て、乾かしましょう。毛の流れが整い、うねりが出にくくなります。

Finish!:根元から髪が立ち上がりボリュームアップ! ふんわりとした仕上がりに。

簡単スタイリング

{{alt}}

Plus One!:ドライヤーに「ダイソン スタイリングコンセントレーター」を装着。前髪とサイドの毛先をロールブラシで内巻きにして風を当てます。最後に軽く冷風を当てるとキープ力がアップ。

Finish!:自然な内巻きスタイルが完成!

年齢を重ねることで髪が細くなってしまい、ボリューム不足に悩みを抱えている方でも、乾かすだけで根元からふんわり立ち上がり、髪にボリュームが出ます。また、これ1本で日々の美髪ケアからスタイリングまで完成するので、お母さんにも毎日手軽におしゃれを楽しんでもらえそう。
「母の日」ギフトに贈りたい!

ピンクカラーのボックス付きギフトも登場

髪にコンプレックスを持つ女性にとって、「ダイソン スーパーソニック ヘアードライヤー」は心強い味方。ドライヤーを替えるだけで、毎日のスタイリングや自分の髪に自信が持てるように!

圧倒的な機能性と美しいデザイン性を備えたダイソンのドライヤー。今なら、春らしい「Sakura Pink」カラーの数量限定ボックス付きで、母の日のギフトに最適。大事なお母さんにはずっときれいでいてほしいもの。この春は母娘2世代で美髪ケアをはじめてみるのはいかがでしょうか?
美髪ケアできるドライヤーが欲しい