2017.03.28 PR | 提供 : 資生堂

人気スタイリストとヘアメーキャップアーティストが注目する春の2大トレンドキーワード

出典:TOPLOG

「これ何年か前に流行ったけど、また今年も?」と思わせるぐらい、流行りの循環が早くなっていたり、類似していたりするので、どんなポイントを、どんな風におさえればいいか分からない…と悩んでる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は今注目のトレンドリーダーのお二人に、今春覚えておきたいキーワードと、その上手な取り入れ方を伺いました。
レディコンシャスな肌見せコーデから、メークに抜け感を作るコツまで、おさえるべきポイントを全てご紹介します。

{{alt}}
{{alt}}

TREND KEYWORD No.1 #レディコンシャス

レディコンシャスと抜け感をMIXした気負わない肌見せが気分

{{alt}}

河野さん
「背中あきトップスや深めのスリット、透け感があるシフォンやレースなど、素肌を見せて女性らしさを強調する『レディコンシャス』なアイテムに注目しています。今まではレディと言えばレースやシースルーが主流だったけど、今季はデニムやニットなど、カジュアルな素材を肌見せでレディライクに見せることも、新しいトレンドになりそう」

NAYAさん
「レディコンシャスなアイテム、私も気になってた! 撮影でも、デコルテが開いていたり、パンツにスリットが入っていたり、肌見せアイテムをよく目にします」

河野さん
「ショート丈ライダースの下にロング丈のガウンを合わせて甘辛MIXにしたり。『肌見せ+レイヤード』なんかは、この春ぜひ取り入れたいスタイル」

出典:TOPLOG

雰囲気UPのコツはメークでみずみずしいツヤ肌を演出すること!

{{alt}}

NAYAさん
「メークも肌がキーワード。レディコンシャスな洋服を着たときにバッチリメークだとトゥーマッチなので、ヌーディなツヤを生かしたヘルシーなグロウ肌がいいですね。でも、今までの単なるツヤ肌作りと違って、みずみずしいツヤ感が必要」

河野さん
「メークも洋服と一緒で抜け感が大事ですよね。エアリーなアイテムを着こなすには、透明感を意識してマットすぎない肌作りが大事だなと感じます」

NAYAさん
「ナチュラルだけど、何もしないってことではなく、持って生まれたかのようなツヤを作ってあげることがコツ」

出典:TOPLOG

{{alt}}

NAYAさん
「薄膜で肌と一体化するようなファンデーションやみずみずしい光沢感を与えるベースアイテムがあれば、難しいテクいらずで今年らしいヘルシーなグロウ肌が作れます。ファンデーションを塗った上からベースを、目の下、頬の高い部分、アゴ先にハイライトとして重ね塗りして、ツヤを強調するのもおすすめ!肌がキレイな人だったら、ノーファンデで光沢感のあるベースだけでもいいかも。

チークなどの色物ってツヤ感が足りなかったりするので、光沢感を与えるベースを練り系チークにちょっと混ぜて、日焼けっぽく頬に横長に塗るのも春夏にぴったりのテクニックです。それと、肌見せアイテムを着用した時は、光沢感のあるベースをデコルテ、鎖骨のところ、背中、肩甲骨のところなどボディに塗ると、骨格が引き立って華奢に見えるし、夏っぽい質感も出せるのでオススメ」

TREND UP COSME

{{alt}}

出典:資生堂

こちらの商品をチェック

出典:資生堂

こちらの商品をチェック

出典:資生堂

こちらの商品をチェック

TREND KEYWORD No. 2 #レトロフラワー

花柄を着るなら90年代を彷彿させるレトロフラワーをチョイス

{{alt}}

河野さん
「一番気になっているのは、少しレトロな花柄。前シーズンまではふんわりした水彩っぽい花柄が主流でしたけど、今季は色彩豊かなレトロフラワーがトレンドになる予感」

NAYAさん
「ボトムはワイドデニムとかレーシーな軽いものが相性よさそう。花柄だからって甘く着るんじゃなくて、どこかにゆるさを出して。肩の力を抜いたエフォートレスな着こなしにしたいかな」

河野さん
「トレンチの中に花柄のガウンを着て、ベルトマークするようなスタイルも、USED感があって今年らしい。昔、自分が着ていたような花柄の古着アイテムをMIXするのも、おしゃれですよね」

NAYAさん
「基本のスタイルは、シンプルなタンクトップとデニムでカジュアルなんだけど、透け感のある花柄のワンピースやガウンをレイヤードして、足元はヒールとかも良さそう」

出典:TOPLOG

花柄に似合うナチュラルメークは潤いに満ちた素肌作りから

{{alt}}

NAYAさん
「洋服に目がいくスタイリングのときは、メークはナチュラルに。肌をマットにすると顔だけ重く感じてしまうので、素肌っぽいツヤで遊んでみて。色味も、練りチークやグロスなどツヤ感のあるものがベスト。メークをナチュラルにするほど、素肌作りが大事になってくる」

河野さん
「以前は『肌荒れを隠さなきゃ』って思いでメークをしていたけど、ある時ヘアメークさんに『ファンデーション塗りすぎ』って言われて。やっぱり素材が大事なんだなって実感」

NAYAさん
「そうなの。やっぱり毎日のスキンケアが一番大事。特に保湿! 乾燥するから、くすみやゴワつきなどのトラブルが起こるわけで。あとは、適量を正しい使用方法で使うこと!高いスキンケアアイテムでも、適量を正しく使わないと効果が出にくいことがあるから。

その後、エマルジョンで潤いをキープしてあげればOK。

肌の潤いを保つことで、肌がふっくら潤って、キメが整ってくる。それがツヤを生かしたナチュラルメークにも繋がっていくということ!」

TREND UP COSME

{{alt}}

出典:資生堂

出典:資生堂

オンラインショップにて限定発売中!

watashi+(ワタシプラス)

オムニ7

関連する他の記事