2017.03.30 PR | 提供 : メディプラス

睡眠の質を高めて心も体もリセット! ストレスオフに近づく簡単セルフケア

自分を高めるために、日々忙しく働いている女性たち。

特に4月は部署移動やメンバー変更など、働く環境が変わる人も多いのではないのでしょうか。
知らないうちにストレスをためてしまい、疲れているのに寝つけない、眠りが浅くなった…など、睡眠不足に悩んでいる方は、一度、自身の睡眠について見つめ直してみるといいかもしれません。

そこで、今回は「良質な睡眠」についてリサーチしました。

{{alt}}

教えてくれたのは、スキンケアブランド「メディプラス」の吉野あき子さん。「睡眠改善インストラクター」の資格を持つ、睡眠のプロフェッショナルです。

まずは自分の睡眠の質を把握

吉野さんによると、「起きたときに頭や体がスッキリしている」、「日中を快適に過ごせている」という実感があれば、良質な睡眠がとれているとのこと。
あわせて自覚症状として「寝つきが良いか」、「睡眠途中で目が覚めないか」、「ぐっすり寝た感じがあるか」といった点もチェックしましょう。

「今の睡眠には問題があるかも…」と思った方も多いのではないでしょうか?
良質な睡眠を実現するためにどんなことができるのか、吉野さんに「睡眠の質を高めるポイント」をうかがいました。

睡眠の質を高める3つの簡単テクニック!

快眠のカギとなるのが、睡眠ホルモンといわれる「メラトニン」と、それを生み出す「セロトニン」。

日中に「セロトニンを増やすための行動」をしていれば、夜はぐっすり眠れるというわけです。
吉野さんが提唱する「セロトニンを増やす簡単テクニック」は3つ。

簡単テクニック① 光を浴びること

1日のうち、おおよそ30分~1時間が目安。朝起きてすぐに目の中に光を取り入れることで、約16時間後には睡眠スイッチが入るようになります。朝の光の場合は15~20分程度でOKです。

簡単テクニック② グルーミング

グルーミングとは大切な人との手をつないだりハグをしたり、ペットとじゃれあったりなど、いわゆる「触れ合い」のこと。
短時間でも体温や呼吸、表情などを通して触れ合うことで、「愛情ホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」も分泌され、夜には穏やかな気持ちで布団に入ることができます。

簡単テクニック③ リズム運動

激しい運動ではなく、ヨガやウォーキングなど、ゆっくりと呼吸をしながら、一定のリズムで筋肉を動かして行うものが◎。
起きているときと寝ているときとの体温差が大きいほどぐっすり眠ることができるため、特に体温が上がる夕方5時から7時ぐらいまでに行うと、さらに体温アップが期待できて効果的です。

オフィスでできる簡単リズム運動とは?

ここで「今すぐ睡眠改善したい」という女性たちに、吉野さんからオフィスでできる簡単なリズム運動をご紹介します。実は吉野さん、睡眠だけでなくヨガインストラクターの資格も持っているんです。今回は、オフィスで椅子に座ったままできる簡単なチェアヨガをTRILL読者のために特別伝授!

ちょうど体が疲れてくる夕方にやるのがGOOD。
集中力が高まり、体がポカポカして血行不良や肩こりなどにも効果的。鼻から深く息を吸ってゆっくり吐くことを意識しながら、ぜひ会社でも実践してみましょう。

ワシのポーズ

女性 チェアヨガ
女性 チェアヨガ
女性 チェアヨガ

「睡眠ホルモン」分泌のリズムを崩さない

吉野さんいわく「睡眠ホルモン分泌のリズムを崩さないこともとても大切」だそうです。

昼寝や寝だめは、睡眠改善には実はNGなんです。
どうしても睡眠が足りていない場合には、午後3時までの間で15~30分の昼寝にとどめておきましょう。
帰りの電車でうたた寝…なども忙しい女性はやってしまいがちですが、そこはグッとこらえることが夜の快眠につながります。
週末の寝だめも、ダラダラと寝続けるのではなく、「今日はたっぷり眠りたいな」というときに、入眠時間を2時間早めることで毎日の起床リズムを崩さないようにするのがオススメ。

今日からさっそく、自分の睡眠改善に取り組んでみましょう。

睡眠に加えて、日常で取り入れたい「オフ活」

今回、睡眠について教えてくれた吉野さんが所属するメディプラスでは、「オフ活」を推奨するイベントを開催しているとうかがったのでTRILL編集部もおじゃましてきました。

「オフ活」とは「ストレスオフ活動」の略。
これは頑張りすぎやストレスで心身のペースが乱れている状態をリセットして、自分をフラットに整えてあげましょう…というもので、良質な睡眠以外にも日常で簡単に取り入れられるさまざまな「オフ活」があります。

今回の会場は神奈川県鎌倉市の「材木座テラス」で、窓の向こうには視覚的にも癒やされる一面の海。
参加者たちは夕日を浴びながらヨガをすることで、自分をいたわり、心を解き放つことができたようです。

スペシャルヨガ講師として、人気モデルの大桑マイミさんも登場。
質問コーナーでは美の秘訣などもうかがえて会場には笑顔がいっぱいです。

吉野さんは「10分=1時間の熟睡」に値する「ヨガニドラ」を実践してくれました。
「オフ活」イベントをチェック

フルーツティーの試飲会も実施!

さらに、この日は新商品の5種のフルーツティーの試飲会も実施。
鮮やかな色合いで、ドライフルーツまでおいしくいただける上にノンカフェイン。
夜のリラックスタイムにも欠かせない存在となりそうです。
5種のフルーツティーが気になる!

「オフ活」の基本は自分をニュートラルに戻すこと

このように、ヨガやフルーツティーなど、日常でも取り入れられるちょっとしたセルフケアを意識しながら行うことで、自分をニュートラルな状態に戻してあげることが「オフ活」の基本。
メディプラスでは、肌とストレスの関係に着目し、昨年から「オフ活」を提唱しています。

「オフ活」は、毎日カンタンに自分自身で続けられることが大切。無理をして特別なことに取り組む必要はありません。
たとえば、「ちょっと仕事が行き詰まっているな」と感じたときに鼻から深く呼吸をすることや、夜のスキンケアの際に手でじんわりと肌を包んであげることなど、ほっと一息つけること。

そんなメディプラスは「ここち、らくちん。」をモットーに、「メディプラスゲル」をはじめ、肌にも心にも心地いいアイテムを展開しています。
メディプラスゲル」は化粧水、美容液、乳液、クリームがひとつになったオールインワンのゲル状美容液。
玉造温泉水を含む66種類もの豊富な美容成分が配合されており、贅沢で気持ちの良いテクスチャーが魅力です。
毎日忙しいけれど美肌はキープしたいという女性にとって、強い味方といえそう。
メディプラスゲルで簡単美肌へ

ポップアップストアを期間限定でオープン

普段は通信販売の「メディプラス」ですが、3月31日(金)から2週間、東京・恵比寿にあるアトレ恵比寿本館4階 フォンテーヌテラスにて初のポップアップストアを開店。
そこでは、大人気のメディプラスゲルをはじめ、今回のイベントでお披露目されたフルーツティーも限定販売されます。

期間中は大桑マイミさんをゲストに迎え、肌と心のストレスオフについて語るトークショーや、オリジナルデザインのソープ作りを楽しめるワークショップも開催。
毎日を頑張る女性を応援してくれるアイテムやイベントが目白押しなので、ぜひチェックしたいですね。
メディプラスのストアに行きたい!

忙しいからこそ、質の高い睡眠をしっかりとりたい!

仕事をテキパキとこなしながら、プライベートもしっかり楽しむデキる女性たちは、睡眠の重要性を知っています。忙しいからこそきちんと質の高い睡眠をとり、日中を活動的に過ごせるようにすることで、よりポジティブな気分で仕事もはかどる、そんな良いライフサイクルを目指したいものですね。

皆さんも季節の変わり目となるこのタイミングで、自分の睡眠をもう一度見直してみませんか?

Edit:TUNA
Text:Reiri Hashiba

関連する他の記事