2016.11.18 PR | 提供 : 資生堂

こんなリップが欲しかった! ほどよいツヤと血色感、 ふんわり染まるオトナのティント

毎日忙しく働くオトナの女性。

メイクは大人のビジネスマナーなのはわかっているけれど、ツヤツヤリップの気合い入りすぎメイクはちょっと違う気がするし、そもそも忙しいからメイクに割ける時間もない。

そんな感じで気がつけば、いつも似たような地味目メイクがデフォルトに。

でも本当は落ち着きやイマドキ感、ほどよいオトナの魅力も兼ね備えた“デキる”メイクが手軽にできるようになりたい! 
そんなお悩みありませんか?

一本で悩みが解決?! 噂のウオータリールージュとは?

資生堂マキアージュの「ウオータリールージュ」は、その条件をきっちり満たすニューアイテム。

自然なツヤと発色、軽いつけ心地のやさしい質感、色持ち、リップクリーム要らずの保湿効果などオトナの女性がリップに求める要素が全部詰まったティントルージュです。

これまでのティントといえば、オイルベースの染料が持つビビットな蛍光発色が特徴で、正直落ち着いたオトナの女性には使いづらいものが多かった!
ウオータリールージュは、唇を内側から滲み出るような自然な血色カラーに染め、相乗効果で顔色もよく見せてくれるという優れモノ。

唇に置いて「んぱっ」とするだけで、お疲れ顔にも瞬時に色味が戻り、イキイキとした表情が蘇ります。

ナチュラルなツヤ具合と色付きリップ感覚でカジュアルに使える上に、元から唇が綺麗だった人のように見せてくれるのも嬉しい。
忙しい朝もランチ後も、仕事終わりのメイク直しも「これさえあれば!」の強い味方。

簡単だけど確実にキレイ度がアップする、オトナのためのティントなんです。

▶︎ オトナの女性の強い味方! ウオータリールージュ

これまでのティントとどう違うの?

ウオータリールージュ
全8色(RD388・RD445・PK366・RD333・PK207・OR351・BE332・RS338)
2016年11月21日(月)新発売

マキアージュ ウオータリールージュの血色感のヒミツとは

ふんわりとしたオトナ発色を実現するため、従来のオイル系ティントリップとは違う基材を使用している、ウオータリールージュ

水溶性の染料をつかうことで可能になった、自然な血色を演出する絶妙な発色や、唇に負担のかかりにくい軽い仕上がりが魅力です。

一般的なオイルティントの仕組み

明るい発色が特徴の、一般的なオイルティントリップ。
ビビッドな色同士を組み合わせて色をつくり、油に溶ける染料を使用して色をつくっているため、蛍光のような発色に。

オイルによる強めの使用感があります。

ウオータリールージュの仕組み

マキアージュのウオータリールージュは、赤・黄・青の水に溶ける染料を使用。
蛍光色を含まないため、自然な血色感など絶妙なニュアンスの色をつくることができます。

ウオーターベースで染めるから、軽い感触。さらに保湿成分によりうるおい効果も!

▶︎ 資生堂マキアージュのウオータリールージュが気になる!

ふんわり血色を実現する効果的なつけ方


チップで唇の中央に「ぽんぽん」とのせ、なじませながら全体にぼかして広げます


上下の唇をやさしくこすり合わせて、「んぱっ」。染まるようになじみ、落ちづらくなります


にじみでるような血色と、自然なつや! 溶け込むような発色でやわらかくナチュラルな印象です

リップひとつで顔色も変化! Before・Afterをチェック

Beforeはアイメイクだけした状態で、少しぼんやりとした印象を受けます。

一方でウオータリールージュのRD388をつけた状態のAfter。
唇に血色とツヤが足されたことで、明るくイキイキとした顔色に! 顔全体の印象も引き締まり、目元もくっきり。

唇をこすり合わせることで色が浸透し染まりがよくなるので、この一手間を忘れずに。
おしゃべりをしたり唇が重なることで、どんどんツヤが生まれる嬉しいルージュなのです。

なりたいイメージで使い分けられる全8色が登場

絶妙なカラーバリエーションで似合う色が必ず見つかる

ああ、こういう色が欲しかった! と納得の“使える”8色が揃うウオータリールージュ

その絶妙なカラーバリエーションをご紹介します。
1段目の3色は知的で穏やかな「褒められカラー」。左から温かみのある明るさのRD388、クレバーな魅力を放つRD445、女性らしく落ち着きもあるPK366。

2段目の3色はオシャレに決まる「憧れられカラー」。左からラフにつけたい明るいオレンジのOR351、上級者カラーなのに使やすいBE332、個性派におすすめの鮮やかローズのRS338。

そして3段目の2色は、1本は持っておきたい「愛されカラー」。左から幸せな表情を演出してくれるほんのりレッドのRD333、オトナの茶目っ気が光るPK207。

いつも同じになりがちだったオフィスメイクも、なりたいイメージに合わせたウオータリールージュを使い分けることで、変化がつけられます。

もちろん、仕事後のデートとの使い分けにも◎

▶︎ ウオータリールージュなら似合う色が必ず見つかる

ウオータリールージュで「キレイ」を日常に

“口紅”ほどかしこまらず、“グロス”より上品に。
色付きリップでは出せない、自然なツヤとにじみでるような血色カラーで、さりげなくキレイ度をアップしてくれるウオータリールージュ
ほんのり色っぽさが感じられるのも素敵です。

資生堂マキアージュのHPでは、長谷川潤さんによるメイクアップ提案も公開中なので、ぜひチェックしてみてください。

この冬は、オトナのティントで「毎日、キレイ」を実現しましょう。

関連する他の記事